MGISP-NE32
場所:ホーム / 製品

MGISP-NE32

MGISP-NE32は、磁気ロッド技術を取り入れた自動核酸抽出装置です。MGISP-NE32を核酸抽出キットと併用することで、16または32のサンプルから約9分で核酸を抽出・精製できます。
購入ニーズ

機能

Features


柔軟性:多重モード・装置により調整可能なミキシングモジュールを備え、異なる磁性粒子や試薬に適合します。



効率性:磁性粒子を移動・処理し、16または32のサンプルから約9分で核酸を抽出・精製します。



安全性:UVランプ、包装された96ウェルプレートと使い捨て式チップが装備されているため、サンプルとの接触が最小限に抑えられ、相互汚染を防ぐことができます。



安定性:96ウェルプレート用に特別に設計された加熱ブロックを用いることで、試験時にも均一に加熱できます。



フローセルの仕様


処理可能サンプル数 1-32
処理量

20-1000µl

磁性粒子の回収効率
≥98%
ウェル間のばらつき

<3%

温度制御、溶解/溶出ウェル

室温+5℃から、120℃まで

温度の正確度

≤±1℃

ミキシングモジュール

多重モード・装置により調製可能

汚染防止

UVランプ、包装された96ウェルプレートと使い捨て式チップを装備
操作インターフェース
8インチのタッチスクリーン搭載
プログラム管理
プログラムの作成、編集、削除に加え、抽出プログラムの編集が可能

システムの仕様

  • ​電源要件・寸法・重量

    電源:AC100~240V、50/60Hz、500W

    寸法:430mm(長さ)×395mm(幅)×435mm(高さ)

    重量:32.5kg

  • ​作業環境

    温度:10~30℃

    相対湿度:20~70%RH

Quick Contact